vin nature 【 ナチュールワイン 】

オーガニック、無添加、無農薬栽培などのワインを多数ご用意しております!

【イル・マイオーロ 2004、2005、2006】
イタリア:エメリアロマーニャ/バルベーラ、ボナルダ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン
「イルマイオーロ」は、ピアチェンツァの丘陵地に構える小さな造り手。弁護士でもあるフランチェスコ氏が有機栽培によるワイン造りを行っています。畑ではボルドー液以外の農薬は一切使用せず、長いマセレーションと長期間の樽熟成。
スタイル的には「ラストッパ」に通じるところもある造り手です。
最も若い(と言っても10年以上経過!)2006年は、程よく軽やかな果実味と酸とのバランスがとれた心地よい熟成感が楽しめ、2005年はイキイキとした果実味と熟成感が共存する興味深いスタイル、そして最も熟成を重ねた2004年は甘みと濃密感、重厚さが存分に楽しめるスタイルになっています!
10年以上熟成のワインを超お値打ち価格で存分にお楽しみください!
【リオロッカフリザンビアンコ】
イタリア:エミリアロマーニャ/スペルゴラ、ソーヴィニヨンブラン
当主のマルコ・ベルトーニは、2001年、町から離れた丘陵地に念願の土地を手に入れ、ゼロからのブドウ栽培を開始。
 畑では一切の農薬や肥料、堆肥でさえも必要としない不耕起による栽培を行い、剪定においてもすべて自ら手作業で行う。
 日常を感じるワイン、幼い頃に見てきたサッスオーロの情景を尊重したワイン造りをイメージしています。

 このフリザン・ビアンコは、微発泡の白で、醗酵が終わったのちにボトル詰め。
 酵母添加はせずに、スペルゴラの果汁を煮詰めたモストコットを少量加え、瓶内にて再醗酵、オリ抜きせずにリリース。

 香りは爽やかで、洋ナシやグレープフルーツのニュアンス。

 口当たりには程よい発泡感があり、フレッシュ。

 スッキリとした中に、透明感のある果実味やキレイな酸味、柑橘系果実の皮のようなほろ苦さが感じられ、まるでレモンスカッシュのような印象。

 甘みの要素はほとんどありませんが、ジューシー感やフルーティー感があり、爽やかで瑞々しい味わいです。
カーザ・デフラ・プロセッコ・ブリュットNV
イタリア:ヴェネト/グレラ
淡い黄色の外観。柑橘系果実やリンゴなどフレッシュな果実香に白い花などのフローラルな香り。口中では心地の良い細かい泡が広がり、綺麗な酸味とミネラル感が感じられるエレガントな味わいです。
〜オススメのモルドバワインのご紹介〜
当店は、他ではお目にかかれないモルドバワインも取り扱っています♪

ワイナリー:シャトープルカリ
創業年:1827年
地域:モルドバ南東部 ステファン・ヴォダ地方
 
シャトー・プリカリは東欧でもっとも貴重でかつ人気の高い地方のひとつです。
Challenge International du Vin、Concours Mondial de Bruxelles、International Wine and Spirit Competitionのほか、伝説となったイギリス皇室の御用達のワインもあります。
黒海とドニエステル川の付近というシャトーの立地が、高級ワインの生産に完璧な条件を形成しています。総面積250ヘクタールのブドウ園は、プルカリという希少で極めて小さな地域に位置し、有名なボルドー地方と似たテロワール(ブドウ畑の土壌などの風土)とともに、最適な気候条件に恵まれています。プルカリ・ワインは世界中で認められ高く評価されていますが、伝統的なブドウ栽培のもっとも厳格な基準に従い、生産は数銘柄に限られ、熟成に使う樽はMercier、Seguin Moreau și Butte、など一流ブランドのフランス・オークの小樽だけです。年間数千人もの旅行客がシャトー・プリカリを訪れては1827年に建てられた歴史的なセラーを見学します。ここには有名なプルカリのヴィンテージ・ワイン・コレクションが貯蔵されています。

プルカリ・ワインは、米国、カナダ、英国、ノルウェー、チェコ共和国、中国、ポーランド、バルト諸国など25ヵ国以上に輸出されており、海外でプルカリはといわば、モルドバの名刺のような役割を演じるようになっています。